人気ブログランキング |

日常のマチ/印編

e0105466_17555791.jpg
e0105466_1756590.jpg
e0105466_17561130.jpg
e0105466_17561823.jpg

伊藤美一の眼『…(前文長々あります)…「傑作」とはいったい何でしょう。「作画」とはいったい何でしょう。よく考え
てください。それは他人によって作り出された管理社会の通念です。みなさんは、他人によってつくりだされた通
念によって現実を意識化し、被写体を意味づけしているだけです。極端に言えば、矩形のファインダーの中で、都
合のいいように培養されている出来合いの現実像にすぎません。なぜフレッシュな現実認識の方法としての「チョ
ロスナ」を積極的にやろうとしないのですか』

追伸 ホロゴンさんが前回の伊藤氏について文章を載せています。ぜひご覧を。(http://ultrawide.exblog.jp/)
by a1photo | 2013-06-25 17:58 | Comments(10)
Commented by nakky85 at 2013-06-25 19:03
ワタクシは「チョコスナ」(チョコレートスナック菓子)が好きです(笑)


伊藤さんの言は・・たぶん、それが70年代80年代に書かれているっていうのが意義深いと思って見てます。
先見の明、あったんでしょうねぇ・・・
Commented by バリカン at 2013-06-26 10:46 x
僕、チョロスナっちゅー言葉を知りませんでした。
a1さんのお写真はなんや知らんけど常に引っかかるオモロさ、
みたいなんがあるように思うんですが、
コレってチョロスナなんですか?
Commented by 川越 at 2013-06-26 11:05 x
こんにちは。しかし・・・なんですか、この弁護士事務所の「よくできました」ふうのシールは?毎度のことながら、感心するばかりです。
Commented by Hologon158 at 2013-06-26 18:13
伊藤さんって、読めば読むほど、我らが党の士ですね。
写真を作品と見るのをやめてしまった私には、
心から賛成したくなるような言葉ばかり。
私の写真、スナップをスナップとして撮ることはしませんが、
撮り方も、撮った写真も、完全にチョロスナそのものです。
ただし、a1photoさんのスナップはチョロスナではありません。
空間全部を計算に入れて、人物を最適の位置に写し止める瞬間芸ですが、
a1photoさんの人格の支配下に宇宙が収まっているかのようです。
大道芸はチョロスナですが、a1photoさんの大王芸です。
Commented by a1photo at 2013-06-26 22:41
nakkyさん
nakkyさん
チョコスナですか!
まあいいでしょう。それなくしてnakkyさんは…。
現代はまじめに写真に向き合ってモノを言うような時代ではないので、伊藤氏の言葉は貴重だと思うのです。
Commented by a1photo at 2013-06-26 22:45
バリカンさん
バカにしていうチョロスナなら、オイラの写真のことっす。
そのうちまた伊藤氏の言葉を載せますが、劇画マンガのあのすごい表情ってのがありますよね、
あれが写真でいうチョロスナでしか撮れない写真だというのです。
写真は劇画に負けてるぜ、もっとマンガを勉強せよ、と言うのです。
うーむ、確かに。
Commented by a1photo at 2013-06-26 22:46
川越さん
世の中には面白いヤツがいるものです。
こちらは、それをちょっと拝借しているだけの話です。
ところで、転居の決断はどうなりましたか?
Commented by a1photo at 2013-06-26 22:47
ホロゴンさん
ホロゴンさんのことは、また後でたっぷりと。
Commented by 川越 at 2013-06-28 23:50 x
> a1photoさま
古民家ですが、実は松代で2件見つかり、どちらも「帯に短し、たすきに長し」と言う感じで迷っています。明日は「にいがた暮らしセミナー」があるので参加して来ます。8月には長野の八ヶ岳でも見せて頂く予定ですが、今のところ来年中には松代の物件に決定して、内装、外装などに手を入れようかという段階です。でも決定までには今しばらくかかりそうです。できたら来年中には行きたいです。
Commented by a1photo at 2013-06-29 17:03
川越さん
着々と進行中ですね。
みんな雪がイヤで出て行くのに、雪国に来るなんて反逆児ですね。
でも…なんか、うらやましいっす。
<< 高原の朝 梅雨が来た >>