人気ブログランキング |

一輪のバラ

e0105466_2295172.jpg

伊藤美一の眼『印象というヤツは、それほどアテになるものではない。そのときの気分や、置かれている状態や、
写真を見る意識の強弱の度合いや、満腹か空腹かというような、生理的な状態にだって、ずいぶん影響されるの
だ。印象なんていうものは、鼻クソをとりながらきわめて人間的に写真を見る場合も、ウソ発見器の前に座って、
いささか科学的に写真を見る場合も、本質は大差が無いとも云える。しかし、また一つ反問すると、最初の印象と
いうものは、写真にとっては、命と同じぐらい大事なものだ、と、いうことなのである。写真というのは、薄っぺらな
紙の上に止まっている映像に過ぎない。それはいくら見ていても、最初からぜんぜん変わらない映像だ。パッと見
てよかった写真は、ふしぎにあとあとまでよいのである』
by a1photo | 2013-06-10 22:13 | Comments(6)
Commented by tajiri8jp at 2013-06-11 06:26
納得できます。
自分のなんてパッと見てもよーく見ても、じっと見てもダメなものばかり。
Commented by バリカン at 2013-06-11 09:44 x
何だかパッと見ぃ、2枚の写真をつなぎ合わせたように見えました♪
雨に濡れた風情がよろしいですね(^^。
Commented by sha-sindbad at 2013-06-11 14:11
伊藤さんの言葉、後半部分は私の実感そのものです。
そして、a1photoさんの写真。
まるで3.5次元の写真のようですね。
a1photoさんの写真の多くがそうですが、
ぱっと見でおかしくて、いくらよく見てもおかしい。
でも、なぜおかしいか、わからない。
Commented by a1photo at 2013-06-11 18:32
tajiriさん
だはは。本人は、いつもそう思っているものですよ。だれかさん以外。
(って誰だい!?)
でも、他人が見ると「おおー!」ってなもんです。
そうノーテンキに思っていましょう。
Commented by a1photo at 2013-06-11 18:34
バリカンさん
「風情がよろしい」…つまり面白くもなんともないってことですね。
いいんですよ、いいんです。自分でよーく分かっているんです。
う、う、う…。分かって…いる…ん…です。
ぐひっ。
Commented by a1photo at 2013-06-11 18:37
ホロゴンさん
「ぱっと見でおかしくて、いくらよく見てもおかしい」。
さすがにこれは一緒です。
「同好の士」とは、きっとこのことを指すのですよ。
<< 出番前 無視 >>