人気ブログランキング |

点眼旅行

e0105466_17365839.jpg
e0105466_1737762.jpg
e0105466_17372226.jpg

e0105466_174142.jpg

e0105466_1743334.jpg

e0105466_17431461.jpg

眼が点というなさけない日帰り旅行。

伊藤美一の眼『カメラ雑誌がメインとして発表する現代写真のフューチャーな作品と、同じ雑誌の中に掲載され
る月例写真との間には、なんと大きな、なんと絶望的な落差があることか、アマ写真家は一度でもその厳粛な事
実を直視したことがあるのか。直視して深刻に悶えたことがあるのか。編集者や選者は、その矛盾に悩んだこと
があるのか、悩んで改革に努力したことがあるのか、聞きたいようである』
by a1photo | 2013-06-04 17:49 | Comments(10)
Commented by funazusigokko at 2013-06-04 20:19
難しいことは解りませんが
今日の写真がとても美しくて
いつもの胸をえぐる風景がないのに救われます。
Commented by yoshipass at 2013-06-04 22:54
日曜日に行ってきましたよ。
どんより観ながら進んでいってはっと我に返りました。
流石でした!
Commented by バリカン at 2013-06-05 11:53 x
ちょっとぉ~、センチメンタルな旅じゃないですか?
夕映えの建物に白い服着た人とか。
棚田一人で植えはるんやろかとか。
ちょっと早いけど、夏の香りがするようです♪
Commented by nakky85 at 2013-06-05 12:05
伊藤美一・・・へ~~~、面白いこと書いてますね。
現代でも全く通用しますね。普遍的なんでしょうねぇ・・・

これ、ワタクシもいずれ引用させていただきたいと思っております。
Commented by hologon158 at 2013-06-05 16:24
スナップなんだけど、叙情詩。
エキセントリックでないのに、エキセントリック。
静寂に満ちているのに、誰よりも雄弁。
どんなジャンルからも飛び抜けてしまったa1photoさん、
私はとんでもない人を知ってしまったんだと再々確信します。
Commented by a1photo at 2013-06-05 16:56
funazusiさん
いつも優しさに満ちあふれた a1でござんすよ(笑)
Commented by a1photo at 2013-06-05 16:59
yoshiさん
さっそく行って来られたのですね。
お恥ずかしい限り。
タイトルが思いつかず、酔った勢いでつけたもの。
まあ、お祭りだと思ってます。
Commented by a1photo at 2013-06-05 17:04
バリカンさん
「夏の香り」、そうなんですよ。
こちらも夏日が続いています。
この棚田は石垣田といわれ、明治期に集落の人たちが飢えから逃れる
ために石を築いて田をつくった血と汗の結晶なんだそうです。
Commented by a1photo at 2013-06-05 17:06
nakkyさん
伊藤氏の眼、遠慮なく、ばんばんご活用下さい。
なかなか面白いんですよ。
Commented by a1photo at 2013-06-05 17:11
ホロゴンさん
とんでもございませぬ。
美的センスもなければ小心者、加えて頭もワリーときちゃ、どうしようもございません。
懲りずにお付き合い願いたく候。
<< 朝の自影像 尼瀬界隈 >>