人気ブログランキング |

春山

e0105466_22545033.jpg

  ある小さな集落の若者たちが「子どもたちも歩ける春山しみ渡り登山」を行う情報を得たので、ちょいと
 スタート地点の写真を撮ろうと出かけた。急な企画だったため、子どもたちはいない。そんな中でスタート。
 積雪はまだ2㍍余り。みんなはスノーシューやカンジキを付け、用具もバッチリ。おいらは登るつもりではな
 かったので、出勤スタイルに長靴姿。ところが、途中までは林の中で写真的にイマイチ。どんどん進むうち
 に、とうとう頂上までビジネスマン長靴スタイルのままで登ってしまった。いやあ、くたびれた。標高約780㍍。
 登り2時間、下り40分余りの泣きべその旅であった。
by a1photo | 2013-03-16 23:01 | Comments(6)
Commented by バリカン at 2013-03-17 05:44 x
場違いすぎる服装が想像されるわりには、
めっちゃ爽やかな絵じゃないですか!

涙は心の汗って言いますからね、
汗と一緒にa1さんの不純物が浄化されちゃった、
って感じですね(笑。
Commented by tajiri8jp at 2013-03-17 06:32
そんなスタイルでこのショットですか。やはり雪には慣れてらっしゃるんですね。
Commented by chara050505 at 2013-03-17 12:41
ついこの間、寝込んでおられたと記憶しますが、
もうこんな無茶な事を。
カメラの力ですかね、いや写真の力でしょうか?
Commented by a1photo at 2013-03-17 19:12
バリカンさん
汗がアルコールの臭いでした。アンモニアでなくて助かりました。
不純物が浄化されて、こんなに健康になっていいんでしょうか。
Commented by a1photo at 2013-03-17 19:15
tajiriさん
雪国に暮らす身、長靴であろうが裸足だろうが、(おっとさすがに裸足は
ダメっす)頑張っちゃいます。
今日は筋肉痛です。年を取ると2、3日後がかなり痛くなるとか。あぁ。
Commented by a1photo at 2013-03-17 19:18
charaさん
病気は「気から」と教えられました。
そんでもって、さっそくながら「気」に挑戦しました。
お陰さまで、足のケイレンなどなく大丈夫でした。
なんかエベレストにも登れそうな気がしましたが…。
<< 観光案内所 追悼  3.11そしてボクらの... >>