人気ブログランキング |

行き当たりばったり魔術劇場6

e0105466_17565456.jpg

 屋根裏部屋の隅に、土偶のような絵が。その土偶はこう言った。「私たちは、人間が行おうとしている力
にはかないません。やがて私らの住処もなくなってしまうでしょう。でも、確かにここにムラの霊があったと
いうことを、あなたが楽しむということで記憶に残してほしいのです。楽しかった思い出は、記憶に残るもの
なのです」。
 でも、とボクは言った。ボクなんかが記憶に留めていても、なんにもなりはしない。文書にして記録に留め
ようなんて気もないんだと。
 土偶は言った。「それでいいんです。多くの人に知ってもらおうなんて気もありません。あなたが記憶に留
めてさえいてくれたら、それでいいんです。こんな話をしても、多くの人たちはあなたの話を信用などしない
でしょう。でも真実はひとつなんです」…。
by a1photo | 2012-08-03 18:00 | Comments(2)
Commented by nakky85 at 2012-08-03 19:42
あはは、ほんと「三つ目が通る」の世界だ(笑)
Commented by Sha-sindbad at 2012-08-03 22:45
このシリーズ、どこに行くのでしょうか?
a1photoさん、フィクションの世界を遊んでいるんだろうか?
それとも、真剣にアピールしたいのだろうか?
どんな風に起承転結の転結を展開するんだろうか?
興味津々で見守っています。
私だけではないと思います。
a1photo君、君の使命は重い!
<< 行き当たりばったり魔術劇場7 行き当たりばったり魔術劇場5 >>