人気ブログランキング |

a1photo

        「ニッポン縮図51」 傷男の休み場所
e0105466_22262749.jpg

       D70 どこにでもチンピラはいるものだ。ここもそのひとつ、あるチンピラが休む場所なのである。
       まあ、こんな所を休み場所にしている所を見ると、よほど格下なのだろうが、そういったイミでは
       ご同慶の至り(笑)である。
        さて、新潟ブロガー展、最後はボクとの接点でもあるyoshiさんだ。しかし、その前に、やはりボ
       ク自身の写真に対するスタンスをはっきりさせるべきではないかと思いました。ドラカメさんとの
       異相感もそうしたところから来ている気がするからです。まず、はっきりさせたいことは、これはボ
       ク自身の偏った考え方であり、他の事を否定するものではないことを強調しておきます。
        ボクは、写真(展)というものは、あくまでもシンプルであるべきと考えています。最近の若い著
       名な写真家は、まるで写真と現代美術を併せたかのような見せ方をする人もいます。周りの評価も
       高いし、海外での評価も高いようですが、ボクは、とてもついていけないし、そういう見せ方には感
       心できないのです。古い考え方ということも否定しません。でも、そうなのです、美術的になること
       で、写真がとても軟弱に見えてしまうのです。できるだけシンプルに、写真表現だけで見たい、そ
       んな凝り固まった考えなのです。だから、今回の批評などといっても、最初に話しましたが、自分の
       勉強だと思ってやっていること。「頑固ジジイのたわ言」だと思っていただいた方がいいのです。
by a1photo | 2010-08-24 22:46 | Comments(1)
Commented by Hologon158 at 2010-08-25 14:56
私もA1photoさんの考え方に共感します。
それも当然で、我々の大きな部分が重なり合っている感じですね。
A1photoさんはホラー方向に、私は愛の方向にずれているわけですが...
<< a1photo a1photo >>