角のタバコ屋までの旅

e0105466_11114538.jpg
e0105466_11115620.jpg
e0105466_1112778.jpg
e0105466_11122140.jpg
e0105466_11123433.jpg
e0105466_11124793.jpg
e0105466_111375.jpg
e0105466_11132226.jpg

[PR]
by a1photo | 2013-09-22 11:14 | Comments(8)
Commented by yoshipass at 2013-09-22 22:43
いよいよ雪国のDaidoですね。
彼は、喫茶店までの旅(モーニングを食べに)だったと思いますが。
Commented by 川越 at 2013-09-22 22:47 x
うん、吉行淳之介?って思ったら、どうやら須田さんのほうですね。高校生の頃にちょっとだけはまったことがあり、そちらを連想してしまいました。
Commented by nakky85 at 2013-09-23 00:22
なんか懐かしいようなタイトルですね(笑)
Commented by a1photo at 2013-09-23 17:34
yoshiさん
いつもどうもです。
「Daido」ではなく「damedo」でございます。はい。
Commented by a1photo at 2013-09-23 17:38
川越さん
よくご存知で。
須田一政さんは、かなり前、当市展の審査員で来られ、夜、みんなで酒を囲み、雑魚寝した覚えがありますが、
今考えると、雑魚寝で先生に悪かったなあなんて思ってしまいます。
Commented by a1photo at 2013-09-23 17:40
nakkyさん
そうなんです。もうカビが生えていそうなタイトルです。
まあ、オイラもカビだらけみたいなもんですが。
Commented by nakky85 at 2013-09-23 20:48
「Damedo」・・・あはは、これもいいですねぇ(笑)

「大道」ならぬ「太道」ってのもいいかも知れませんねぇorz
Commented by Hologon158 at 2013-09-24 14:11
damedoさん
私にとっては、damedoはdaidoとはまるで別。
こちらの方が面白い。
ロボグラフィに似ていますが、ロボグラフィではない。
いつもどこかにa1photoさんのフレーバーがかかっている。
とくに最後の一枚、好きですね。
<< 七色の通り道 家 >>